ハードディスクのデータ復旧をしよう~個人情報をガード~

会社

LAN対応の記憶媒体

HDD

従来型のハードディスクは携行性に優れていましたが、持ち運びの途中で壊れ易いというリスクが存在していました。その問題点をクリアしたのはネットワークにアクセスして使うnasです。しかしnasは電気を動力源にしています。

ディスクを快適に使う

pcを操作する人

hddコピーに関するおおまかな豆知識をまとめています。現在では様々な方法によってデータの複製を行う事ができるようになっていますが、自分に合った方法でバックアップを作成できます。

重要データを復元するには

パソコンのデータ復旧をするならプロの専門業者に依頼しましょう。自分で対処するとデータが全て消えてしまうかもしれませんよ。

ハードディスクのデータ復旧は業者におまかせが一番。コチラにおすすめがランキング形式で紹介されてるので、必見ですよ。

会社員

仕事で取り扱うデータは、収入源のもとになる大切なものです。 なかには、企業の今後を左右する、また、大金を生み出すデータなども存在します。 今やデジタル社会においては、必要不可欠なものと言えます。 このデータの保存場所で多く用いられているのは、ハードディスクです。 このハードディスクは、コンピュータパーツの中で、一番酷使するパーツです。 そのため、故障が多く発生します。 いつ故障が起きても大丈夫なように、バックアップなどの対策が必要と言えるでしょう。 故障したハードディスクから、データ復旧するケースがあると思います。 その際に、個人でできるデータ復旧について、紹介します。 個人で行える範囲は、論理的な故障のときだけです。 例えば、パソコン起動時に必要なファイルが何かの拍子になくなり、起動できないケースがあるとします。 この場合は、データ自体は問題ないので、ハードディスクをUSBで外付けし、ハードディスク内を覗き、必要なデータを取り出します。 装置自体に問題がある物理的な故障のとき、個人で行うことは100%ありません。 装置内部は精密機械なので、分解は厳禁です。

ハードディスクが物理的な故障のときは、個人では不可能と言いましたが、多くの場合、データ復旧専門業者へ依頼します。 日本には、実績や技術が優れている専門業者が多く存在します。 官公庁、大手企業から支持されている業者もあります。 これらの専門業者の優れている点は、多種多様な装置でも、故障原因を特定し、修理できる技術にあります。 これらは、設備の整ったクリーンルームで作業します。 装置が完治すれば、後はデータを取り出すだけです。 データ復旧を専門業者に依頼する際の注意点をいくつか紹介します。 依頼する専門業者が、どのような会社かを知っておくことです、プライバシーマークや情報セキュリティ規格を取得し、企業や従業員が、取り扱うデータに対しての重要性について、正しく理解しているかが大事です。 費用についてですが、決して安いものではありません。復旧したいデータの費用対効果を考えてから依頼するのが、望ましいです。

安全快適なバックアップ

修理中

現在のパソコンでは、hddコピーの機能がオペレーティングシステム本体に備わっているマシンも増えてきています。こうした状況から、ユーザーが誰でも手軽に、なおかつ安全にバックアップを作成する事ができるようになりました。